2010年09月07日

いろは坂下り

エアコンの利きが弱いカレラ4は、夏場はめっきり出番が少ない。
リアウィングが故障していたことも一因。
それにしても、こう猛暑が続くと渋滞にはまってオーバーヒートに陥るのが恐くて、どこへも出かける気になれない。
それでも9月に入ってからは朝晩は少しは涼しさが感じられるようになった。

9月4日(土)AM4時起床・・・
東北自動車道から日光宇都宮道路を清滝ICで降り、中禅寺湖スカイラインを目指す。
途中の日光口PAで休憩し、素敵な景色を楽しむためにフロントガラスにたくさん張り付いた虫を掃除して視界をクリアにする。
油温計の針は下の目盛まで届かず。冬季と同じ位置を指している。
道路脇に設置された温度計はなんと16度。涼し~い!!!やっぱりこの時期、朝走るに限る!
いろは坂に入り、前を行く三台のバスを追い越し車線からパスし一気に明智平へ。
いろは坂の上りでは2速だと回転が上がり過ぎ3速だとパンチ不足。間に2.5速があるとちょうどいい。
AM7時ちょうど、中禅寺湖スカイラインのゲートに到着。係りのおじさんがゲートのバーを開けているところだった。



朝日にかがやく中禅寺湖


半月山展望台から望む男体山


中禅寺湖スカイラインの道路脇にはもう落ち葉が溜まっていた。


AM8時、いろは坂の下りを使い気温が上がらないうちにさっさと帰ることにする。
いつもは観光バスが流れを悪くしているので決して通ることのない道だが、今日はまだ時間が早いので空いているとの判断。
いろは坂の下りはご存知タイトコーナーの連続。
路面が荒れているところでは40キロ程度のスピードだというのにABSが作動してしまう。下りで1.5トンの車重を支えるにはピレリーの普通タイヤには酷だったようだ。
カレラ4でハンドルをロックトウロックまで回して走るような道は今回が初めてだが、それにしてもコーナーの度にワクワクする楽しいクルマだ。腕のある人ならリアを振ってもっとすばやく回るんだろうなー。そうWRCみたいに。


この記事へのトラックバックURL

http://kerokero.mediacat-blog.jp/t57549
この記事へのコメント
こんばんは、kerokeroさん

いろは坂の下り、楽しそ~う。
でも名古屋からでは遠い、遠い・・・

ABS、意思に反するところで利き始めると嫌ですよね。
インプもよくなってました。
「まだ大丈夫じゃん!余裕あるって!」って私は思うんですが ^^;
ADVAN Neova にしてからは、無くなりました。


カレラ、夏場は辛そうですね。
インプはオーバーヒートこそしないものの、夏場はターボのブースト圧が上がりにくかった気がします。
通常MAX1.1まで上がるところが、0.9までしか上がらず・・・
R33(GTS-t?ブローオフの音してました)との信号ダッシュで完全に抜ききれず、でした。
吸入空気の温度が高いからでしょうか?
Posted by 名古屋っ子名古屋っ子 at 2010年09月23日 22:16
おはようございます、名古屋っ子さん

いろは坂の下りは道幅は広いのですが、追い越し禁止ですし観光バスが流れを悪くしているのでチャリで下った方が早いくらいです。

ABSの利きは、タイヤを滑らせたほうが短い距離で止まれることもあるそうなので、ABSの作動するタイミングが早いと感じるときは案外人間のセンサーのほうが正しいのかも知れませんね。路面とタイヤの摩擦以外にも色んな条件がありますし、それにブレーキかけるのは直進時ばかりとは限らないですしね。

今年の夏は外にいると呼吸するのも苦しく感じましたが、ブースト計がそれを表していたわけですね。夏場パワーダウンを感じるのは空気密度が低いせいでエアコンだけじゃなかったわけですね。
納得です(^^)
Posted by kerokero at 2010年09月24日 06:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい